街コン発祥の由来とは

街コンと他のイベントってどう違うのか?発祥と由来を説明します。

街コン,合コン,違い,発祥,由来

街コンと言うのは、簡単に言うと街+コン(合コンのコン)と言う言葉を組み合わせただけの物です。合コンのコンがコンパの略なのは皆さんも知っていると思います、コンパの意味合いとしては仲間との親睦を深めるために行うための飲み会の事です。

 

街コンには親睦を深める以外にも開催する意味合いがあります。元々街コンは街全体を盛り上げるためのイベントとして考案されました。主催者と店舗、そして参加者が一体となることで飲食業界のお店が販売促進につながり、出会いの場も作り出せると共に地域の活性化を促していきます。

 

参加するだけで寂れてしまった商店街の振興の支援にもなるんですよ♪人数の規模は場所によって違いますが元々1000人位の規模で行われていたのが今では参加者がどんどん増えて今では2000人以上の規模で開催されている街コンも存在するのです。

 

もう、ここまでの人数に達するとただの合コンの延長線上に存在する大型版とは言えませんね。ちなみに街コンは2011年の後半ごろから全国で一気に急増して行きました。

 

街コンが地方にのお店に与える経済効果と言うのは1000人と言う参加人数を見れば明らかだと思います。

 

勿論人数が多ければ出会いの機会もそれだけ増えると言う事ですから飲食店側の企業にとっても出会いを求めてやってくる参加者、両社にとってメリットがあるイベントとも言えますね。

 

街コン,合コン,違い,発祥,由来


街コンと合コンって何がちがうのか?

街コン,合コン,違い,発祥,由来

今巷では大人気となった街コン。参加人数が増えて人気になった分場を会社がコーディネートする事もかなり増えて元々の数100〜1000人程度の規模ではない物も沢山増えてきているようです。

 

街コンなんて名ばかりでただの合コンなのではないか・・・と思う方もいらっしゃるかもしれません。が、合コンは自分達でセッティングできるのに対し、街コンでは主催者が企業なのです。

 

よって、内容の充実度が選んだ企業によりけりという所が特徴的だと思います。主催者選びが重要な訳です。勿論真面目に復興の為に取り組んでいるまじめな団体も多いのですが、残念ながら自分たちの利益メインでやっている方々もいるようです。

 

本来街コンは、合コンと食べ歩きとが同時に楽しめるようになった大型パーティーイベントです。大規模な街コンでは飲食店を貸し切りとして数十店舗を利用可能にしています。

 

街コン,合コン,違い,発祥,由来

街コンに参加する人は受付にてマップとリストバンドの入場証を受け取り、貸切にしてある飲食店間を好きに移動して合コンを楽しみます。

受付の方法は2種類ありまして、各店舗での受付と、一か所に集まって受付する手法があります。

 

何軒位のお店に立ち寄る事が出来るかは各イベントによって違います。

 

マップに書いてあるお店なら何処にでも自由で行動できる街コンと、最初にチケットをもらいきめられた店舗にチケットの数だけ入れると言うチケット制の街コンの2種類となります。

 

当然の事ではありますが、街コンの参加費には普通飲食代の全てが含まれていて、1回の参加で色々な気になるお店を食べ歩きできるので、気になるお店の料理が食べれると言うのも魅力の一つです。

 

少しでも街コンの魅力は伝わりましたでしょうか?興味を持った方は是非知識をつけて楽しんでみて下さいね。



 
トップページへ 出会いイベント全一覧